- ビッドキャッシングへの見解


OpenX header - ビッドキャッシングへの見解

Blog

August 20, 2018

ビッドキャッシングへの見解

この数日間、ブランドやエージェンシー、DSPやパブリッシャーにコミュニケーションを取ることなく透明性の全くないビッドの操作を行うIndex社のビッドキャッシングの組織的な行為の展開に関して業界の懸念が一層高まっています。

 

公式にも、我々の見解はきわめて明白です。我々はビッドキャッシングを許容しません。それはブランドを、エージェンシを、DSPを傷つけるものであり、そしてそれは明示されたリアルタイムの決断を無視し、取引額を引き上げ、ブランドセーフティーのリスクを引き上げるものだからです。

 

OpenXでは、これまでにビッドキャッシングに関しての使用の検討、そして実行に関わる事実は一切ございません。また弊社では現在までに、他の正当なエクスチェンジのビッドキャッシング行為の有無に関しても承知しておりません。この行為は透明性だけの問題でなく、マーケットと企業の信用問題でもあります。


OpenXでは、技術的な革新、透明性のあるマーケット規則と反フラウドシステムへの継続的な投資を通して、マーケットプレイスの透明性と信頼を牽引する事をお約束しております。我々のこの継続的な投資は、買い手と売り手、そしてプログラマティック業界全体の重要な関心であると考えるだけでなく、それは実際に我々、OpenXのコアバリューをきわめて反映する事を表しています。