Press Release

February 13

OpenXのレポートにより、主要なComScore1000社における「Ads.txt」の導入率が加速していることが明らかになった。同社は、不正な再販業者をすべて禁止する新しい「Ads.txt」ポリシーを発表。

OpenXは、comScore1000社の「ads.txt」ファイルにリストアップされた独立アドエクスチェンジの第1位に輝いている。

ロサンゼルス、東京 – 世界有数の独立広告テクノロジープロバイダーであるOpenXが公表した国内のトップパブリッシャー(広告媒体)1,000社の監査結果によると、その大部分が誰がインベントリーの販売を承認されたかを示す方法として「ads.txt」を採用していることが明らかになりました。構想が始動した時から「ads.txt」の発展を強力に支援してきたOpenXは、2ヵ月連続で、comScoreのトップパブリッシャー1,000社で販売を認可された独立アドエクスチェンジの第1位に輝いています(全体ではGoogleに続き第2位)。

また、OpenXはグローバルなアドエクスチェンジで世界初として、パブリッシャーの「ads.txt」ファイルで承認されていない全ての再販業社のトラフィックをブロックすると発表しました。アドエクスチェンジに厳密な「ads.txt」コンプライアンスを適用することで、バイヤーやDSPは自ら広告枠(在庫)検証を行う必要がなくなり、「ads.txt」ファイルがある場合は必ず、パブリッシャーによって認定された広告枠のみがOpenXを通過するので、安心して取引できることになります。

「厳密な『ads.txt』コンプライアンスプロトコルの施行は、プレミアムな広告枠へのアクセスを希望する広告主に最高品質の市場を提供する方法として、OpenXが積極的に取り組んでいる仕組みの一つです」と、OpenXのマーケットプレイスクオリティ主任のジョン・マーフィー(John Murphy)は語ります。「『Ads.txt』は業界がアドフラウド(不正広告)撲滅に確実に近づく第一歩であり、このイニシアチブの急速な普及は、こうしたソリューションに対するマーケットのニーズの高さを示す一方で、プログラマティック広告全体の価値に対する確信を高めているのです。テクノロジーパートナーに責任を課すことができる『ads.txt』のような規格の一般普及を推し進めるよう、パブリッシャーや広告主に推奨しています。」

2017年8月にはわずか7%だった「ads.txt」の導入率は、現在comScoreトップパブリッシャー1,000社で50%を越え、主要なDSPやバイヤーが次々と、パブリッシャーの「ads.txt」ファイルで認定されていない広告枠は購入しないと発表しています。OpenXでは、来週から厳しい「ads.txt」コンプライアンスの導入を開始する予定で、2018年3月31日以降(日本を含むアジア地域で2018年4月30日以降)、「ads.txt」認定を受けていない再販業者のトラフィックは自動的にアドエクスチェンジからブロックされることになります。

「現代のデジタル環境で発生するドメイン詐欺のレベルは驚異的です。『Ads.txt』は、この問題に取り組む力をパブリッシャーの手に取り戻した業界初のイニシアチブです」と、Business Insiderのプログラマティックおよびデータ戦略担当副社長のJana Meronは語ります。「パブリッシャーは、広告枠がプログラマティック市場における本当の価値を表し、販売されていることを確認できるプロアクティブなソリューションを積極的に探していましたが、そこで登場したのが『ads.txt』です。ドラキュラに向けた銀の銃弾のような特効薬ではありませんが、正しい方向へ向かう大きな一歩と言えます。十分にその効果が発揮させるには、エコシステム全体がOpenXの後に続き、『ads.txt』を考慮した変更を実施する必要があるのです」

「Ads.txt」は、パブリッシャーの広告枠の不正再販や偽造から発生する深刻な品質問題や不正広告の不安を取り除くため、IABが開発した業界イニシアチブの一つです。パブリッシャーが、安心してデジタル広告枠を販売できる企業を公式に発表(宣言)するシンプルかつ安全な方法で、デジタルメディアサプライチェーンにおける透明性を向上しています。

OpenXについて

OpenXは、デジタルメディア企業の経済的可能性を最大化することに傾注しています。当社はこの実現に当たり、あらゆるスクリーンに表示されるすべての広告でパブリッシャーおよび広告主に最適な価値を提供すべく設計されたデジタル広告マーケット/テクノロジーを創造することに取り組んでいます。

OpenXでは、大規模な広告マーケットプレイスを企画・運営する上での独自の経験を有するチームを構築しています。当社は、マーケットデザイン、革新的なテクノロジー、オペレーショナルエクセレンス、親身的なパートナーサービスを融合し、デジタル広告の最前線にてこれらを適用することに当社同様に大きな魅力を感じ、思慮に富み、創造力を持った実践者を常に求めています。

http://www.openx.com @openx

メディア問い合わせ窓口

OpenX Japan

山内 諭

ディレクター、パートナーサービス

(03) 4550-0310

oxj@openx.com